BLOG
ブログ

小林ユメジの音楽日報vol.2-Karriem Riggins/J Dilla

こんにちは。甲斐良信セッションバンド、ギタリストの小林夢路です。

つい先日、ギターのパーツを変えてメンテナンス中で練習できないので、今日もオススメの音楽を紹介します。

Bahia Dreamin’/Karriem Riggins

 

デトロイトを拠点とする、ドラマー、ヒップホッププロデューサーのカリームリギンスという方の曲です。

カリームリギンスは偉大なピアニスト、オスカーピーターソンやマルグリューミラーなどと共演し、トラディショナルなジャズドラムをマスターしていながらも、レジェンドなトラックメイカー/ラッパーのJ dillaと制作を共にするなど、異色のスキルをもったドラマーです。

そんな彼が作るトラックのグルーヴ感はまさに絶妙! J dillaが作り出したドランキーなビートに対するリスペクトの中に、とてもいい塩梅でスウィングのイディオムを感じます。まさに彼ならではのビート感ではないでしょうか。

Runnin’/ The Pharcyde

 

So Far To Go/J Dilla

 

↑参考までにJ Dillaが手掛けた楽曲たちです。現代のクロスオーバーされた世界観のジャズミュージシャンのほとんどに影響を与えた偉大な彼のビート感、そしてそのスピリットを濃く受けついたカリームリギンスの音楽を、ぜひ楽しんでみてください。

 

おまけ。。。

前回のライブの写真です!

Archive

2020-05-16
giant step
2020-04-15
Day by day
2020-04-5
All The Things You Are
2020-04-3
Blue in Green
2020-04-1
night lights